熱帯魚

正しく安全に飼う

生き物は成長するごとに姿を変えることが楽しみでもあり、嬉しいことでもある。
特に熱帯魚は色も綺麗で、成長するとまた違った姿を見せるため、専門誌もあり愛好者も多いジャンルでもある。

楽しみもあるが、飼育する際には命を預かっているという自覚を持ち、健康に育てる努力をしなければならない。
そのために熱帯魚を飼育する環境をまずは整えることが大事である。
水槽や水槽の中で育てる水槽などの選択など、準備やメンテナンスには充分に気をつけた方が良い。

生き物を飼育するときには、どんな種類の動物を飼おうか検討する時が一番楽しいものである。
初心者から玄人まで、適した種類の熱帯魚がいるので、その種類を把握しておくと、その知識が熱帯魚を長く育てるのに役立つ。

他の動物にはない性質

熱帯魚のファンが一定数存在するのは、その特殊性も理由の一つである。
他の動物とは異なる、水に棲息していたり、色とりどりで絵のような性質があり、環境を整えるのも楽しい。

詳細を確認する

環境を作る第一歩

熱帯魚の環境を整えるのであれば、まず水槽を購入しなければ始まらない。
水槽の選択の仕方には、飼育の目的に沿ったものを選ぶ必要があり、目的別に水槽も販売されている。

詳細を確認する

温めるためのヒーター

熱帯魚の生息する場所は、日本以外の温かい場所である。
このため、日本で安全に、安心して熱帯魚を飼育するためには、水温を温めるヒーターの存在は必要不可欠となっている。

詳細を確認する

飼いやすい種類

熱帯魚飼育の初心者にとっては、水質の変化に強く、性格が荒くない魚が最初は合っている。
その条件に合う魚がいくつかいるため、熱帯魚を扱う店などで相談してみると良い。

詳細を確認する

小さな地球

熱帯魚の飼育を楽しむ方法は、何も熱帯魚単体だけではなく、水槽の中を作り上げることでもある。
水槽の中に水草を入れると、光合成などの地球環境に必要な要素を感じられる。

詳細を確認する

清潔に保つために

生き物は清潔な場所であれば健康的に育つ。また、清潔さは鑑賞するときにも大事である。
苔は見た目や水質に良いこともあるが、繁殖しすぎてしまうと水質に変化をもたらすので注意である。

詳細を確認する